葬儀は実家のある大田区でしました

父を慕う多くの人が集まってくれた幸せな葬儀

父の葬儀は母と相談した結果、実家である大田区で行うことにしました。
近所付き合いも多かったので歩いてこられる距離に斎場があったほうがよいと母と判断しました。
また、定年はしていたものの会社の付き合いや趣味の仲間、学生時代の友人と父は交際範囲も広かったので一般葬儀にしました。
父を慕うたくさんの人が集まってくれて父は幸せだったと思います。
家族が思った以上に参列者の方が来てくれたこともあり、途中で椅子が足りなくなるというトラブルもありましたがスタッフの人が迅速に手配してくれてことなきを得ました。
費用は香典をたくさんいただいたので予算内に収めることができました。
一般葬儀は参列者が多いので、亡くなった遺族にとっては忙しくはなりますが、故人の希望をかなえてあげることができたので良かったと思います。
初めての葬儀ではありましたが、家族にとっても満足ができるものとなりました。

結婚出産をきっかけに少しずつ両親と仲直り持病が悪化した父を自宅で看取ることに父を慕う多くの人が集まってくれた幸せな葬儀

大田区 葬儀葬儀